お酒を買取に出すより飲みたい!古酒は飲むべきか買取に出すべきか

お酒を買取に出すより飲みたい!古酒は飲むべきか買取に出すべきか
「家に古いお酒がある」、そんな時に悩むのが、飲むか、それとも買取に出すかという選択。
お酒にちょっとでも興味があれば、長く寝かせたお酒を味わってみたいと思うものですよね。
その気持ちは本当によくわかります。
飲むか売るかの決断の参考になればと、お酒の熟成や劣化についてまとめました。
是非一読し、正しい決断をしてください。

■ただ寝かせていたからといって美味しくなるわけではない

古いお酒は、瓶に詰められた後でも熟成している可能性があります。
そうした知識を持っている人でも、そこまで詳しい人でなければ、「これだけ寝かせてたんだから、飲んだ方がお得なのでは?」と思ってしまうかもしれません。

お酒って、そんなに単純なものではありませんよ。

ただ寝かせていたからといって、お酒の熟成が進んで、とんでもなく美味しくなるというわけではないんです。
逆に、美味しくなくなってしまうお酒もあるので、「古酒だから熟成されて、売るよりも飲んだ方が得だろう」と考えるのは短絡過ぎ。

そう、お酒によって違う点にも注目しておきたいですね。

例えば、ワインなどの醸造酒であれば、瓶に詰めた後でも熟成すると言われていて、特にコルク栓で閉められている場合には、そこから空気が出入りすることで熟成が促されたりもします。
でも、その空気に触れることによる熟成が、必ずしも良い方向に進むとは限らないことも知っておきましょう。

一方で、ウイスキーなどの蒸留酒は樽の中で熟成が完了しており、瓶に詰めた後には特に変化はないという考え方もあります。
つまり、寝かせていても美味しくなるとは、やっぱり限らないということ。

専門家によっても意見は分かれるところですけど、私も含めて中途半端な素人が判断できることではないのかもしれませんね。

■正しい保管法でないとお酒は熟成しない

もし仮に瓶の中で熟成するとしても、正しい保管方法でなければ、それは劣化するだけ。
ここも気を付けておきたい、お酒の扱いに関する重要ポイント。

気温や湿度の変化が大きいところでは熟成は上手く進みませんし、太陽光なども浴びすぎると劣化を早めます。
振動が強い環境に置いておくのもNG。
お酒によっては、ワインなど横に寝かせて保存した方がいいものもあれば、ウイスキーなど縦に立てて保存した方がいいものもあります。

古酒であっても、その保存方法が間違っていれば適切な熟成はされずに、むしろ劣化してしまうので十分に注意しておきましょう。

焼酎やブランデーは劣化しにくい

保存方法によって熟成か劣化か、という話をしましたけど、焼酎やブランデーに関しては、かなり劣化しにくい部類のお酒と言えます。
油断は禁物ですけどね。
でも、素人でもとても扱いやすいお酒であることには違いありません。

焼酎は、平均すると25度ほどのアルコール度数を持っています。
ブランデーは40度から50度ほど。
ここまで高ければ、細菌の繁殖なども抑えられるので、よほど悪い環境に置いておかなければ劣化は免れることができるでしょう。

ただし、あくまでも“劣化しにくい”だけであって、劣化しないとは限りませんよ。
古酒として、そのお酒の味わいを存分に楽しみたいのであれば、やっぱり正しい保管法を選ばないといけないんです。

■買取に出せばプレミアがついている場合がある

家にある古いお酒を、正しい保管方法で置いておいた自信はありますか?
ラベルなどが綺麗な状態だからといって、必ずしも中身も劣化していないとは限りません。
その逆も然りです。

もし保管方法に自信がないのであれば、買取に出すことをおすすめします。
古いお酒であれば、プレミアがついていることがあるからです。
もしプレミア付きのお酒なら、お小遣いと呼べる以上の金額と交換してもらうことができるでしょう。
それも古酒の魅力。

飲めばそれで終わり。
現金化すれば、それで本当に好きなお酒や食べ物など、何でも購入が可能。
どちらを選ぶのかはあなた次第ですけど、“査定に出して価値や金額を知る”という行動は、決して無駄にはならないのではないでしょうか。

sed felis dapibus ut eleifend libero Lorem Phasellus commodo