日本酒を美味しく飲むなら必見!自宅で日本酒を熟成させる

日本酒を美味しく飲むなら必見!自宅で日本酒を熟成させる
日本酒は、自宅で熟成できるんです!
お酒好きの中でにわかに流行している、日本酒の自宅熟成。
最低限のルールさえ覚えておけば、美味しい日本酒を堪能することができますよ。

■直射日光を遮ること

日本酒を熟成する時に絶対にやってはいけないこと、それは、直射日光を当てること。
これだけは絶対にダメです。
日本酒に限らず、お酒を保存したり熟成する際には直射日光は最大の敵ですから、暗い場所で保管するようにしてください。

部屋の中って直射日光は当たっていませんよね?
でも、電気をつけていなくても明るくて物が見えるということは、日光の影響を受けていることになります。
なので、ただ部屋の中に置いておくだけでは“暗い場所での保管”にはならないので要注意。

押入れ、納戸、光が差し込まない箱の中、種類によっては冷蔵庫など、こうした光そのものが入り込まない場所で保管するのが鉄則です。

時々状態をチェックしたくなるのはわかりますけど、あまり頻繁に取り出すと、その都度光の影響を受けたり中身を揺らしてしまうことになるので、確認もほどほどにしておきましょう。

■本醸造、純米酒は常温で保管

日本酒は、使われている原料や仕込み方などによって、いくつかの種類に分けることができます。
その種類によって適切な保存方法も異なることを知っておかないと、自宅で美味しく熟成することはできませんよ。

まず、常温で保存できる種類は「本醸造」と「純米酒」です。
日本酒の瓶に貼られているラベルには、必ず種類が記載されています。
そこに「本醸造」もしくは「純米酒」と書かれていたら、常温で保管するようにしてください。

常温での保存によって熟成が促されて、色などの見た目とともに香りや味もかなり変わります。
とても濃厚なお酒となり、このタイプの日本酒の醍醐味を味わうことができるはずです。

常温といっても、28度が限界。
さすがに日本の夏の30度を超えるような暑さでは、逆に劣化が早まってしまうので要注意。
季節やその時の気温などによって保管場所を変えるか、一定の温度に保てる場所に保管しておきましょう。

■吟醸酒は冷蔵庫で寝かせる

西洋の料理との相性が非常に良い吟醸酒。
このタイプの日本酒は、低い温度で保管すると、良い具合に熟成してくれます。
熟成によって複雑な味わいとなり、一口だけでも十二分に楽しめるような、そんなお酒へと変身する吟醸酒。
丁寧に保管したいですね。

吟醸酒は、とりあえず冷蔵庫で寝かせるのがおすすめ。
1年ほど寝かせると、かなり熟成されてバランスよく仕上がりますが、そこからさらに15度前後の冷暗所で保管するとより熟成が進み、素晴らしい日本酒へと変身してくれますよ。

15度前後の冷暗所が用意できないのであれば、冷蔵庫に入れっぱなしでもOK。
温度が高くなり過ぎないことを一番に考えて保管するようにしてください。

ただ、冷蔵庫は頻繁に開閉してお酒に余計な振動を与えてしまうので、できればワインセラーのような設備を用意しておきたいところ。
難しければ、冷蔵庫の開閉の回数を減らしたり、日本酒を入れたところはあまり触らないなどの配慮をし、熟成を促すように心がけましょう。

diam amet, at felis consequat. dictum