【日本酒】自宅にあるかも?高価買取が期待できる日本酒

【日本酒】自宅にあるかも?高価買取が期待できる日本酒
日本酒は、需要が少しずつ減ってきてたんですけど、ここ最近はまた盛り返してるみたいですね。
外国人も日本酒の魅力を知ってしまって、今後は安定した需要が見込めそうです。
となると、買取価格も安定してくるのがお酒というもの。
日本酒で高価買取してもらえそうな銘柄も含めてピックアップしてみます。

■日本酒は買取していない業者もあるため注意

「家に日本酒発見!よし、売ろう!」と考えるのはいいんですけど、ここで一つ注意点があります。

お酒の買取業者の中には洋酒しか取り扱っていないところもあって、そうした業者には日本酒を持って行っても値をつけてもらえないことがあるんです。

それを知らずに、例えばワインやウイスキーなどと一緒に日本酒を、洋酒しか買取していない業者に持って行ってしまうと、「この日本酒は値がつかないので、こちらで処分してもいいですか?」なんて言われてしまう可能性も出てきます。
別の業者に持って行ったら値がつくのにです。

こんな勿体ないことにならないよう、あらかじめ日本酒を査定してくれているかどうか、この点も業者選びの際に注目しておきたいですね。

■十四代(じゅうよんだい)の買取価格


画像引用元:http://shubo.jp/

お酒の買取業界で最も高く買い取ってもらえる日本酒銘柄は「十四代(じゅうよんだい)」です。

この十四代だけでもかなりの種類のお酒が出回っていますが、どれもほぼほぼ高額買取決定!ですね。

  • 純米大吟醸【龍泉】720ml ・・・ 25万円~28万円
  • 純米大吟醸【龍月】七垂二十貫 1800ml ・・・ 12万円~14万円
  • 純米大吟醸【白雲去来】720ml ・・・ 6万円~8万円
  • 純米大吟醸【七垂二十貫】1800ml ・・・ 5万円~7万円

十四代の中でも特に高額で買い取ってもらえる種類と、大体の買取価格を挙げてみましたけど、かなり価値が高騰していることがわかるのではないでしょうか。
今後の需要次第では、もっとこの金額は上がっていきますよ。

他にも、大吟醸【双虹】斗瓶囲い(1800ml)や、純米大吟醸【秘蔵酒】(1800ml)などは、5万円から6万円で買い取ってもらえる可能性のある重要銘柄。
自宅にしまわれていないか、早速チェックしてみてください。

■磯自慢(いそじまん)の買取価格


画像引用元:http://sushi-shouri.sblo.jp/article/80437707.html

次に紹介するのは、静岡県が誇る銘酒「磯自慢(いそじまん)」。
とても爽やかでスッキリとした飲み口の日本酒なんですけど、海外の著名人などにもファンが多いとのこと。
もちろん、買取業界でも非常に人気の高い銘柄となっています。

  • 純米大吟醸中取り35【Adagio】720ml ・・・ 2万円~3万円
  • 中どり 純米大吟醸35 720ml ・・・ 15,000円~25,000円
  • 大吟醸28【ノビルメンテ】720ml ・・・ 1万円~2万円

こちらも特に価値の高い種類を買取価格の相場と一緒にピックアップしてみました。
720mlでもこの価格が付くというのは、日本酒ではさすがと言ったところ。

磯自慢は10万円を超えるような種類はあまり出てこないものの、総じて買取価格が高いです。
他の種類に関しても、例えば【ブルーボトル】や【秋津西戸】や【中取り愛山】などなど、5,000円前後の値がつくものが多々あるので、もし家にあれば業者に詳しい金額を尋ねてみてはどうでしょうか。

■その他日本酒の買取価格

当たり前ですけど、日本酒には十四代や磯自慢の他にも、とにかくたくさんの銘柄が存在しています。

人気が高くて良いお値段がつきそうなもの

  • 賀茂鶴 十四代柿右衛門色絵磁器 四角型 1800ml 大吟醸酒 … 20万円〜24万円
  • 沢の鶴【春秀】(九谷焼壷詰)・・・ 10万円~15万円
  • 新澤醸造【残響】Super7 ・・・ 2万円~3万円
  • 黒龍【石田屋】純米大吟醸 720ml ・・・ 15,000円~25,000円
  • 菊姫【菊理媛】1800ml ・・・ 15,000円~25,000円
  • 郷乃誉【花薫光】純米大吟醸 生々 1800ml ・・・ 12,000円~18,000円
  • 獺祭【磨き】その先へ 720ml ・・・ 12,000円~15,000円

「賀茂鶴 十四代柿右衛門色絵磁器」は、容器の種類が他にもあり、それぞれ20万円前後で買い取ってもらえたりもします。

と、こんな感じで、かなり高価買取の可能性の高い日本酒。
そのまま持っておくのか、それとも売りに出すのか、その決断は査定してもらってからでもいいのかもしれませんね。

vulputate, id eleifend consectetur lectus Aliquam