【焼酎】自宅にあるかも?高価買取が期待できる焼酎

【焼酎】自宅にあるかも?高価買取が期待できる焼酎
焼酎は、最近女性に人気が出てきているお酒です。
女優さんなどでも焼酎好きを公言する人がかなりいて、その後押しもあって、買取価格もいい感じに上がってきています。
「焼酎が自宅にありそうだ、でもその価値はわからない」、そんな人に向けて、納得の金額で買い取ってもらえる焼酎を複数紹介していきましょう!

■焼酎は複数業者に査定してもらうのがベスト

焼酎を紹介する前に、もし自宅に飲む予定のない焼酎があるのであれば、とりあえずお酒買取業者に査定してもらってください。
金額に納得がいけば売る、納得しなければ売らない、という判断をすればOKですから、査定を依頼して損はありません。

査定を依頼する時の最大の注意点は、複数業者に査定してもらうこと!
焼酎は洋酒よりも取扱業者が少なく、また、業者によって大きな価格差が出るタイプのお酒でもあるんです。
詳しい人自体が、ワインやウイスキーなどの洋酒よりも少ないんですね。
だから、適当に査定額をつける人もいたりして、もしそんな業者に持って行ってしまったら、確実に損をするのが焼酎なんです。

いくつかの業者に見てもらい、最も高い金額をつけてくれた業者に売るようにすれば間違いなしですよ。

■プレミアム焼酎「3M」とその買取価格


画像引用元:https://www.hotpepper.jp/strJ001125126/drink/

焼酎の銘柄の中で、特に人気があり買取価格も高騰しているのが「3M」です。
とは言っても、3Mという銘柄があるわけではありません。
「森伊蔵」、「魔王」、「村尾」の3つの頭文字を取って、こう呼ばれています。
焼酎のスリートップの銘柄というわけですね。

森伊蔵の中でも高額で買い取ってもらえるのが【同期の桜】、【錦江】、【あ々玉杯の同期】、【隆盛翁】、【楽酔喜酒】など。
これらは5万円前後の査定額がつけられることもある高級焼酎です。

魔王に関しては、【長期熟成古酒】に高い査定額がつきます。
業者によっては3万円で買い取ってくれるところも。
1800mlの魔王は5,000円前後が相場といったところですね。

村尾ですが、【むんのら】は1万円前後が相場。
焼酎としては十分高額です。

3Mを持っているのなら、よほどの焼酎好きでなければ査定に出した方が得をしたと感じるかもしれません。

■その他の焼酎の買取価格

上で紹介した3M以外の焼酎で、そこそこ高めの銘柄もチェックしておきましょう。

「萬膳」というブランドがあるんですけど、【宿翁 一回忌】は5万円前後、【宿翁 三回忌】は2万円から3万円という、高額買取してもらいやすい焼酎となっています。
「佐藤」も高額焼酎の筆頭で、サーバータイプであれば量に限らず1万円超えは必至。
1万円以下では絶対に売ってはいけない焼酎ですね。

「百年の孤独」の【百年のボトル(バカラボトル)】は500mlという量にもかかわらず12万円から13万円の買取価格がつきます。
【斎淋乃夢 島津薩摩切子 切子八角瓶】は5万円から6万円、【諸見里酒造 白鷺】、【紫美】の1800ml、【古酒櫻井23年】あたりは2万円前後など、とにかく焼酎は高額揃い。

3M以外も、やはり査定に出してみた方が良さそうです。

diam odio id efficitur. adipiscing ante. Aenean