お酒の熟成

お酒を買取に出すより飲みたい!古酒は飲むべきか買取に出すべきか

「家に古いお酒がある」、そんな時に悩むのが、飲むか、それとも買取に出すかという選択。 お酒にちょっとでも興味があれば、長く寝かせたお酒を味わってみたいと思うものですよね。 その気持ちは本当によくわかります。 飲むか売るかの決断の参考になればと、お酒の熟成や劣化についてまとめました。 是非一読し、正しい決断をしてください。 ■ただ寝かせていたからといって美味しくなるわけではない 古いお酒は、瓶に詰められた後でも熟成している可能性があります。 そうした知識を持っている人でも、そこまで詳しい人でなければ、「これだけ寝かせてたんだから、飲んだ方がお得なのでは?」と思ってしまうかもしれません。 お酒って、そんなに単純なものではありませんよ。 ただ寝かせていたからといって、お酒の熟成が進んで、とんでもなく美味しくなるというわけではないんです。 逆に、美味しくなくなってしまうお酒もあるので、「古酒だから熟成されて、売るよりも飲んだ方が得だろう」と考えるのは短絡過ぎ。 そう、お酒によって違う点にも注目しておきたいですね。 例えば、ワインなどの醸造酒であれば、瓶に詰めた後でも熟成すると言われていて、特に […]

leo fringilla quis, elementum efficitur. lectus id tristique accumsan id odio dolor