ワイン

お酒は飲むだけじゃないですよ。飲めなくなったお酒の意外な活用法

お酒は飲むもの。 確かにそうかもしれませんけど、他にも使い道はいろいろと考えられます。 特に保存状態が悪くて劣化してしまったお酒に関しては、売りたくても値がつきにくくなっていたりして、処分方法に困るはず。 かと言って、捨てるのは勿体ないですよね。 お酒は飲む以外にどのような活用方法があるのか、それを紹介していきましょう。 ■開封後放置したお酒は劣化 家にあったお酒を開封して飲んでみた、でも美味しくなかった。 そんな経験はありませんか? あるいは、前にちょろっと飲んで放置しておいたものの、久しぶりに口をつけてみたら美味しいと感じなくなっていた。 そんな経験を持つ人もいるかもしれません。 お酒に含まれているアルコールは細菌類の繁殖を防ぐので、お酒は基本腐らないとされていますけど、腐らないからいつまでも美味しく飲めると思っていたら大間違い。 開封後、そのまま放置していれば、お酒はどんどん劣化していって、味も風味も損ねてしまうんです。 ワインもブランデーもウイスキーも焼酎も日本酒も、その他諸々、全てと言ってもいい種類のお酒が、空気に触れることで劣化が始まります。 開けたらすぐに飲むようにしてほ […]

【ワイン】自宅にあるかも?高価買取が期待できるワイン

お酒に詳しくなくても、「ワインが好き」という日本人は多いはず。 何かと贈り物などにも選ばれることが多いので、もらったことがあるという人もいるのでは? ワインも、銘柄や製造年によっては、高く買い取ってもらうことができるお酒です。 どんなワインに高値がつくことが多いのかを見ていきましょう。 ■ブルゴーニュワインは銘柄により高く売れる フランスを代表する“ブルゴーニュワイン”。 ブルゴーニュ地方で作られるのでこう呼ばれているんですけど、さすが世界中にファンが多いとあって、高く買い取ってもらえるものがたくさんあります。 銘柄によって価値も買取価格も変わってくるのですが、ブルゴーニュワインで絶対に忘れてはいけないのは、「ロマネ・コンティ」でしょう。 ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ社の【ロマネ・コンティ】は、100万円超えが当たり前のワインです。 同じ会社の生産する【モンラッシェ】も、30万円から40万円くらいの値段がつきます。 同社の【ラ・ターシュ】は20万円から30万円くらいの買取価格が相場ですね。 【ドメーヌ・ルロワ ミュジニー】、【ドメーヌ・ルロワ シャンベルタン】、【ドメーヌ・ルロワ […]

porta. Donec luctus mattis leo sit